複数のKSFが挙げられる

複数のKSFが挙げられる

迚もKSFだと振り返り的な思考となってしまいます、ですが実際に事業をしている時はKPIを設定して努力をしますが、ただそれだけではダメです。ボーリングのセンターのピンの様に中心の一番肝心なピンを倒さない限りすべてのクリアは有り得ない、これをセンターピン理論と言いますね、企業経営にも同じ事が言えて端っこを1つ2つ倒しているようでは事業は好調調子だとは言えません。

しかし複数のKSF全て同じように考えてしまうのはいかがなものでしょうか、キャンペーンの内容も良くて何もかも素晴らしいものだった。と言うのも結局は何が本に魅力的だったのか分かりにくいものです。

複数のKSFが多く見られる事業は上手く行っている事が多く、複数のKSFが有るのは成功している証なのです。どのKPIが中心のピンであるかを知る必要があり、それを見つけて攻略していくのが事業成功のカギなのです。